お中元 贈り方マナー|お中元に喜ばれる人気商品

知っておきたいお中元の贈り方マナー

お中元は、日頃お世話になっている上司や親戚などに、夏のあいさつとして贈るもの。
でも、意外と知らないお中元のマナーで、失敗している人も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、失礼のないお中元の正しい贈り方をご紹介します。

 

目上の人に贈る場合は、熨斗の上書きに注意!

お中元の表書きには、「御(お)中元」を使うのが一般的ですが、目上の人に贈る場合は、「暑中御伺い」「残暑御伺い」とするのが、のぞましいといわれています。

 

贈る相手によって、また時期によっても、上書きの言葉を使い分けるなんて、知らなかった!と驚きますが、せっかくのお中元です。上司や親戚など、目上の方に失礼がないよう、今年は正しい贈り方で日頃の感謝の気持ちを届けたいですね。

 

喪中のとき、お中元は送っていい?

お中元はお祝いの贈り物ではないので、どちらが喪中の場合でも、問題ありません。ただし、「のし紙」や「水引」を気にする方も多いので、つけない方が無難です。白無地の短冊に「御中元」と書くのがいいでしょう。

 

また時期をずらして、「暑中御見舞」「残暑御見舞」といった上書きで贈るという方法もあります。

 

お中元 人気ランキングBest3

当サイトで、売れ筋人気のお中元商品をご紹介。
先方様の各ご家庭で喜ばれる最高級の美味しさで、感謝の気持ちを伝えたいですね。(^^)


讃岐うどん「つるわ」

特選松阪牛専門店やまと

本物のドイツハム

コシの強い本格派の讃岐うどん♪

最高級の美味しさに感動〜♪

子供が喜ぶ&おつまみにも最高!

お中元 贈り方マナー|お中元に喜ばれる人気商品関連ページ

お中元 お返しのマナー
お中元に何を贈ればいい?
お中元・お歳暮、両方贈るべき?